子供の教育方針が原因で

恋人同士の時には気にならなかった部分も、結婚をしたら気になって仕方がない事もあります。

一度気になる部分が出てきてしまうと、それがきっかけで他の部分も嫌になってしまいます。

特に子供に関する教育方針の違いで喧嘩が絶えずに、離婚に発展してしまったという事もあります。

考え方は人それぞれですが、どうしてもお互いに子供の事となると感情的になってしまう事があり、離婚に発展してしまったという人を知っています。

シングルマザーになると教育方針は、自分の考えをある程度押し通すことができますが、一人で子育てをするとなると、思った以上に大変な部分が出てきてしまいます。

教育方針に関してはお互い出来るだけ感情的にはならずに、何とか離婚をしない方向で話し合いをしてみませんか?

離婚の原因が自分に対する教育方針の違いだと分かったら、悲しむのは我が子です。

躾に関しても厳しくしたいポイントは違う部分もあるために、どちらの躾が正しいというのはありません。

私は色々と相談にのる事は出来ますが、他所の家庭の教育方針までアドバイスすることは出来ません。

毎日喧嘩ばかりで子供にとって良い環境ではないのでと言う事で、シングルマザーになるという選択肢も悪いことではありません。

ページの先頭へ