どちらかの不倫が原因

どちらかが不倫しているということがばれてしまい、それ以降、夫婦間に亀裂が入って、離婚になってしまったというパターンが多いです。

一度でも不倫をした人って、信用することが出来ないもので、今までの様に何事もなかったかのように暮らすというのは、私自身も無理だと思います。

不倫をした人に「もうしないので信じてほしい」と言われても、何を信じたら良いのかわからなくなってしまいます。

中には不倫は、バレなければしてもかまわないという人もいますが、そういう人に限って不倫をされると許さないものです。

どちらかの不倫が原因で離婚をする場合には、相手に親権を持たれてしまう場合が殆どです。

娘の同級生の母親の中にも、不倫がばれてしまい離婚をした人がいますが、子供の意思に任せるという事でしたが、全員が父親について行きました。

隠れて不倫をしているつもりでも、必ず誰かがどこかで見ているものです。

まずは女であるために母親であるという事を忘れずに、自分の不倫が原因で離婚をしてしまうという事は、避けたいものです。

私の周りでも不倫相手と一緒になるために離婚をした結果、結局は不倫相手に捨てられてしまい、シングルマザーとして生活している人がいます。

ページの先頭へ