離婚の際に揉める原因

子供がいて離婚をする場合には、必ず揉め事が出てしまいます。

その原因というのは、どちらが子供を引き取るかというものです。

子供がどちらが引き取るかに関しては、お互いの両親まで出てくる場合もある為に、どうしても揉め事が大きくなってしまいます。

孫はわが子以上に可愛い可愛いものなので、両親からしても絶対に手放したくないものです。

ある程度話が通じるくらいになれば、子供にどちらについて行くか決めさせるというのも、一つの選択肢です。

子供がいなければ案外あっさりと揉め事なく、離婚をする事が出来るというものです。

子供の事となるとどうしても感情的になってしまいますが、どちらに付くことが我が子にとってベストなのかを考えてみませんか?

母親について行くことが必ずしも幸せと言う事ではありません。

どちらかの不倫が原因で離婚をする場合にも、慰謝料などの関係でもめてしまう事があります。

芸能人で「揉める事無く離婚をしました」と言う人がいますが、子供がいて揉め事なく穏便に離婚をすることができたというのは、珍しいことです。

地元に住んでいる人の場合は世間体を考えて、相手が離婚に応じてくれないという事も聞きます。

揉め事は仕方がないのかもしれませんが、出来るだけ外野を挟まずに話し合いを進めて行くようにしましょう。

ページの先頭へ